小さい頃から太っているのは、親の責任かもしれない

こんばんは! 
リラクゼーション&エステRed Carapet 宇野あいりです。 



 先日TVで、中居くんと鶴瓶さんがMCの番組で、劇的なダイエットに成功した方々の特集をやっていました。


 4人の女性が、子供の頃から太り続け90kg〜100kgへ育ち、大人になってから50kg近いダイエットをしなくてはならないハナシでした。 



 それぞれの生い立ちを見ていると、例外なくお母さんやお父さんが、とにかく異常なまでに食べ物を与える。
 例え、お母さんかお父さんのどちらかが 「体に悪いからやめなさい!」 と怒ったとしても、必ずどちらか一方が隠れて食べ物を与える。 



 注目すべきは、みんなお米が大好き。 
 中にはウインナー1本でどんぶりご飯を食べきる方もいらっしゃいました。 


 ご飯が「メイン」であり、おかずはいかに「白米」を美味しく食べるか、のおまけなのです。



 そして、なぜそこに見栄を張る?と疑問だったのですが・・・ 
みなさん、学校に持っていくお弁当は幼稚園生より小さなお弁当。



 当然お腹が空くので、帰宅後、夕ご飯前に大量に白米を食べる食べる・・・


 親は汽車に石炭を焚べるかのように、どんどん食べ物を与える。
 狂気すら感じてしまいました。 



 子供を異常に太らせて、何がしたいの? 
食べてる時の機嫌の良い子供しか愛せないの?
 それとも仲間が欲しいの?? 



 異常なまでの食に対する依存、肥満体型にしてしまうのは、虐待と同じだと思います。
 (その手の話も好きなのですが、止まらなくなるのでここで止めますが・・) 



 まあ、TVで見たのはとっても極端なハナシですが、これと似た話はいくらでもあります。 


 ダイエットを始めた途端、会社の同僚がやたらおやつをくれる。
 親が「ダイエットは体に悪い」とやたら食べさせようとする。 
ふくよか好きの彼氏が「痩せるなら別れる」と言う。 
「いい加減痩せろよ!」という割には、外食に誘う夫。 



 そして、元来食べるのが好きなダイエッターたちは、それを言い訳に食べてしまうんです。 


でも、ダイエットを決意したのはあなたです。


 いいんです。 好きなものを好きなだけ食べたいのなら、それに見合った運動をすればいいんです。


 でも、できますか・・・? 


 食べたい気持ちは否定しません。
 食べないと「美しく、健康的に若々しく」はいれません。 



 それなら、食べたい人向けのダイエット方法がありますから、実践しましょう。 
ルールさえきちんと守れば、痩せる上に健康も維持できる。 
人生最後のダイエットになりますように。 


 まずはルールをお伝えします。 
ぜひお勉強しに来てください♡ 


平成最後のダイエットで 一生モノのボディを手に入れる@吉祥寺



 開催日時:1月20日日曜日 13:00〜16:00 

場所:JR &井の頭線 吉祥寺駅からすぐ    

  (詳しい場所は、お申し込み後にお知らせいたします♪ )

 費用:3000円(事前銀行振込)
 定員:残3席



アラフォー&アラフィフのわがままダイエットを叶えるサロン♡ Red Carpet

日野市生活保健センター近くの、女性専用完全プライベートサロンです。 いつまでも美しく、若々しく、健康的にいるために。 お客様を全力でサポート致します。

0コメント

  • 1000 / 1000