食べたいだけ食べて痩せる。モノグサな私のダイエット成功記6

こんばんは!

 リラクゼーション&エステRed Carpet 宇野あいりです。


 瞬美痩体験お茶会開催します。

 詳しくはこちらから。 


 「リバウンドする」「病気になる」「果ては死に至る」 などという認識が広まっている糖質制限ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 以前も述べたように、私も糖質制限には悪いイメージしかありませんでした。 


まず、糖質制限でダイエットに成功したとして、一生お米やパンを我慢するなんて無理。。。

 でも、また食べ始めたら、確実にリバウンドコース。

 そんなダイエットなんか意味がない!! 

そもそも、三大栄養素の一つを制限するなんて体に悪そう・・・


 私じゃなくても、こんなイメージなのではないでしょうか。


 確かに、完全に糖質を排除し続ける「糖質制限」であれば、イメージ通りです。

 カロリー制限と同じくらい辛いし、やはり体によくないのはご想像通り。 


カロリー制限のダイエットをしようとすると、栄養不足になり、骨がスカスカになります。 

また、糖質を完全に排除するダイエットも、食べられるものの幅が狭まり栄養が極端に偏ります。

 また「ケトン体」が増え過ぎて血管を傷つけるというデータもあります。 

(ケトン体については、またの機会に詳しく) 


 「糖質制限」は、1970年頃アメリカ人医師が、自らの一型糖尿病の治療の為に始めたそうです。

 正常な血糖値を維持するために、糖質を控えた方が良いということを提唱しました。


 しかしその考えはあまり広がらず、2007年にイスラエルの医師グループの研究発表によって、最先端のダイエット方法として広められる事となりました。 


このイスラエル医師グループの実験はとても興味深いものがあります。 


300人の肥満のイスラエル人が集まられ、無作為に3つのグループに分けられました。


 1グループ・・・油とカロリーを控える 

2グループ・・・カロリーを控えて、油を摂る 

3グループ・・・カロリーも油も摂って、糖質だけ控える(糖質は1日120g以下にする)


 実験の結果、3のグループが 

・血液中の中性脂肪を一番下げた

 ・善玉コレステロールを一番増やした 

・動脈硬化のリスクを表す数値を一番下げた。


 というのです!

 今までのカロリー制限のダイエットは何だったの?となりますよね。


 でもまぁ、糖質制限に疑いのある人は「でもこれ外国人のデータでしょう」と仰ると思います。

 私もそう思います。 


 前回ご紹介した山田先生が行った実験で、日本人でのデータもあるんですよ〜 


 1グループ・・・カロリー制限する。(体重1kgあたりのエネルギー摂取を25〜35kcalまで減らす) 2グループ・・・一食あたりの糖質の摂取を20g~40gにし、おやつの糖質は10gまで。(ロカボ)


 結果は2グループだけが、血糖と中性脂肪が改善しました。 


 また、別の実験では様々な体型の日本人がロカボ食を実践し、体重と血糖改善を見ました。

 すると、全ての体型の人に血糖の改善がありました。

 体重は太っている人は痩せ、痩せ過ぎている人は健康な体重まで戻る(筋肉がついた)という結果に。



 激しい糖質制限ではなく、ゆる〜い糖質制限は危険ではなく、むしろとっても効率の良いそして健康にも良いダイエット方法だということがわかりましたね〜 


きちんとクセづければ、苦しくないからずっと続けることができて、さらには様々な病気のリスクすら減らすことができるんです。


 昔、母の会社にいたスタッフが、カロリー制限をし過ぎた事が原因で、亡くなりました。

 私のいとこは、缶コーヒーだけ飲む生活をして痩せましたが、お肌がボロボロになりました。 

また他の親戚はプロテインダイエットのネットワークビジネスにハマり、友達を無くしました。

彼女はリバウンドし、友達も無くして、今も太ったままです。



 きちんと食べて体重を減らせば、そんな事は起こりません。

 1日の糖質摂取量に注意さえしていればいいのです。 


 そうは言っても、仕事が忙しくて外食中心の生活・・・ 

ワーキングママで忙しくて、糖質量なんか考えて食事づくりをする暇がない!

そんな方もいらっしゃるでしょう。


 次回は外食時の注意点や気軽にできる食事方法ついてお話したいと思います。


続く。



ご予約はこちらから。

LINE@限定のお得な情報配信中。

一対一でのご質問も承っております。

アラフォー&アラフィフのわがままダイエットを叶えるサロン♡ Red Carpet

日野市生活保健センター近くの、女性専用完全プライベートサロンです。 いつまでも美しく、若々しく、健康的にいるために。 お客様を全力でサポート致します。

0コメント

  • 1000 / 1000