Namie Amuro Final Tour2018~Finally~レポ

こんばんは! リラクゼーション&エステ 宇野あいりです。


色々な方からご連絡を頂いています、神のコンサートについて。 

ご心配頂き、本当に感謝です。(耳の調子は相変わらずですが) 無事行ってくる事が出来ました! 


今回のチケットは去年の11月に申し込みでした。 

ファンクラブ会員歴は関係なく、本当にプラチナチケットで、随分古株のファンの方でも逃した方もいらっしゃった様です。 

 そんな中、私は東京ドームのチケットを2公演も当てる事が出来ました。 

(上記理由から、行けなかった方を思うと、手放しでは喜べないのですが・・・) 


 まずは5月2日。席はアリーナ最前列ブロックA3の後ろのほう。

 最前列なんだけど、端っこすぎて花道に立たれると全然見えなーい。 

そして、全体を見渡せる席ではなかったので、モニターも見つつ、でした。 


いつものLiveの時と同じ様にオープニングから2曲目までたっぷり号泣し(お会いできたのが嬉しすぎて、いつも泣いてしまうのです)

そのあともちょいちょい涙が勝手に出て来て。。。 

a walk in the parkでは1997年のドーム公演の時と、20周年の時のドーム公演の映像が画面に出て来て、むしろ19歳の時より若返ってる?!神の姿に驚愕。 

懐かしい曲が続き、NEVER ENDで会場一体となり、CAN YOU CELEBRATEではなんと純白のウエディング姿で登場され、涙腺崩壊。美しすぎて今思い出しても泣けます。 


そしてー!Chase the Chanceではお決まりの、舞台を端から端まで全力ダッシュですよ。

 この時も20周年の時のダッシュが、現在の神に向かう様に映像として現れます。

 全力で歌って踊ってライブの終盤に、ピンヒールで、あんなでかい舞台を猛ダッシュできる40歳、他にどこにいますか??? 本当に神の御業なんですよ。 


そんな訳でアンコールに入る訳ですが、今回コラボのワンピースの仲間達ができて、別にワンピース好きじゃないのに、また泣いて、Fainalyで号泣して、How do you feel now?で小室さんの思いに泣いて、でも、涙で見送ったらアカンと思ったけど無理でした〜 


 それからファイナルの日まで、引退発表があった時の様にアムロス状態になってしまい、何も手につかない、勝手に泣けてくるという精神状態になってしまいました笑 


6月2日。セミファイナル。

 今回のコンサートは娘にはご遠慮頂いていたので、せめても、と音漏れ参戦。

 開演20分前くらいに到着してグッヅを購入し、今日参戦の方々を入り口でお見送り〜 

そしたら、DJ警備員がいる! 


「皆様、開演8分前に迫っております。会場の外でGIRL TALKをしている暇はありません。今日は25周年のお祝いのライブでもあります。今一度、ご自分の胸にCAN YOU CELEBRATEと問い掛けて、奈美恵さんをお迎えする準備をなさってください。外は真夏のseason続いておりますが、会場の中は最適な温度になっています。会場内はみなさんのFanky Townになっているのです。本日のチケットをお持ちの方は、奈美恵さんのコンサートMint,Mintと、お早めに会場内へお進みくださいませ。」 


隠しきれてない。。。このかた信者だわ。

何も見ないで喋ってるし、結局開演までずっとDJは続き、同じセリフの繰り返しはなかったし、結構マニアックな歌詞も挟んでくる。すげー! 


そして娘を連れ25ゲートへ。 

かなり聞こえる〜!5/2の事が脳内再生される〜

 途中、レジャーシートを敷いて座っていたご婦人に誘って頂き、一緒に過ごさせて頂きました。 

山梨から一人できたそう。 全部落選して、等価トレード(行けなくなった人が運営に当選権利を返して、再抽選される)でやっと1公演当たった、とおっしゃっていました。 

お話しすると、私と同じ様なコアファンだったので、2公演当たっていると言い出せなかった〜 申し訳なくて・・・ 


帰り道、混雑に巻き込まれない様に遠回りで歩いていたら、参戦してきた男性に黄色の銀テープを頂きました。

娘と行くと必ずどなたかが風船や銀テープをくださります。

 娘は「音漏れでも最後いけてよかった!」と言ってくれました。 (実は彼女にもファイナルが当選していることは言えてなかった・・・) 


6月3日。アリーナD13ブロック真ん中らへん。 

アリーナ席の中では少し後ろになりますが、花道から少しずれる程度で、全体も見渡せるし非常に良席だったと思っています。 

近くには近藤春菜さんもいらしてました。 

イモトさんは来れたかな?イッテQに邪魔されてないかな?と心底心配しましたが、大丈夫だった様ですね。よかったー! 


前日は20分押しでの開演、今日もそうかな?と思いつつ、会場の空気もかなり熱くなったところで・・・号泣&号泣。涙が止まるのにたっぷり3曲かかりました。 

これで最後・・・という気持ちは途中忘れたけど、やっぱり昔から何度も何度も見ている、お気に入りの曲のフリが見納めと思うと、勝手に泣けてきて。。。 オエオエ泣いてしまいました。 


小室さん時代の曲では、昔とほぼ昔と変わらないフリでのダンスに、CG見てる様な気分になる。

 こんな40歳、他にいる?? 

この日はアンコール3曲ずっと号泣してしまい、ほぼ前が見えてなかったです。

 今日は風船と銀テープは取らないで前だけ見てるんだ!って決めてたけど、なぜか風船がドサドサ目の前に降ってきて、5個ゲット。


でもドームを出るまでに2個に減りました(ください攻撃に負けた)


 翌日のメディアでたくさん流れた様に 「最後は、笑顔で!みんなー!元気でねー!!バイバーイ!!」 と神らしく、美しい笑顔で去って行かれました。 


 あの姿、一生忘れません。 


 2010年、声帯炎でコンサートが延期になるということが起こりました。 その時、神は33歳。 

神様は人間だったんだ、漠然と思ったし、だいたいあの頃のセットリストってかなりムリがあったと個人的には思う。 

そして、「もしこの先、神が納得できるステージが作れなくなったら、突然、「もう辞める」と言い出すだろう」と、ちょっと思っていました。


 ステージを減らして芸能活動をするとは到底考えられなかった。

 だから、毎年コンサートの発表がある度に安堵して、でもそんな私の気持ちとは逆に、神はどんどん人間離れした神業を見せてくれる様になっていって、なのにどこかでこれが最後かも?っていう小さな考えが頭の隅にいつもあった様に思います。 


だから、40歳で引退がもったいないとか、引退しないで、とかそんな気持ちはないんです。

 ただ、私がさみしいだけで。 

とても神らしい、美しい引退だし、その先の人生が本当に幸せである様、心から願っています。

 マスコミの方々、引退された後の神を追いかけ回す様な事は、絶対に絶対にしないでください。 

ファンや信者はその後が知りたいなんて、思っていません。 


 いつもコンサートの会場には、小さなお子さんから60代くらいのご夫婦まで、ほんとに幅広い年齢のファンの方がいらっしゃいます。 私みたいなアムラー世代だけじゃないんですよ。

 何度でも聞くけど、こんな40歳、他にいるの??? 

若い子がSUITE CHICからファンです、なんてい言っているのを聞くと、神が好きなことが支持されてすごく嬉しいと思ったし、デビュー時からファンの方に会えば、尊敬の気持ちでいっぱいでした。


 私自身は2003-2004のコンサートに初めて参戦して以来、ずっと神と崇めてきました。

 私の20代は、ほんと〜〜〜〜〜に修羅場に次ぐ修羅場で、色々あったんだけど、綱渡りでも生き抜いて来れたのは、「安室奈美恵」という存在があったからだと思います。

 冗談でなく、生きる糧でした。

 いやいや、これからもだ。これからも、生きる糧。

 ずっとずっと大好きです!! 9月16日まで、全力で応援します!


 Love♡  


アラフォー&アラフィフのわがままダイエットを叶えるサロン♡ Red Carpet

日野市生活保健センター近くの、女性専用完全プライベートサロンです。 いつまでも美しく、若々しく、健康的にいるために。 お客様を全力でサポート致します。

0コメント

  • 1000 / 1000