洗い流してしまう洗顔料の「保湿成分」って意味あるの?

● 洗い流してしまう洗顔料の「保湿成分」って意味あるの? 


こんばんは! リラクゼーション&エステ Red Carpet 宇野あいりです。

 三連休にお届けにした「保湿のコツ」シリーズ、いかかでしたでしょうか? 


少し復習をしていきたと思います。


 ***************************** 

・化粧水だけでは潤わない!!

 ・セラミド入り美容液を使うべし!!

 ・乳液ではなく、クリームでしっかり蓋をすべし!! 

・何をつけてもピリピリするときは、ワセリンで乗り切るべし!! 

・血行不良も乾燥の原因!身体を温めて血の巡りを良くすべし!!

 ****************************** 


覚えてますか?? なんだっけ?となった方はもう一度シリーズをもう一度読んでみてくださいね♩


 すでにご紹介した極意に加えて、もう少し豆知識を・・・ 


 洗顔料、どんな物をお使いですか?




 こちらをお読みになっていらっしゃるということは、乾燥が気になっている方のはずですので、「しっとり」タイプのものでしょうか?


 実は、この洗顔料の「しっとり」意味ないです。 

「保湿成分」「美白成分」と記載があっても、泡と一緒に洗い流してしまうからです。


 もし、洗顔後に「しっとりしている!」と感じているのであれば、洗顔料に油分が含まれていて、それが肌に残っているからです。 


 その油分、お肌に膜をはって、後から入れたい美容液の成分を入りづらくしています 。

乾燥肌だからこそ、シンプルな固形石けんを使用するのが一番オススメです。 


 実は、私もこれを知った時は、大層たまげました。


 え〜「保湿成分配合」って書いてあるじゃん。


 でもよくよく考えたら、洗顔の泡ずっと顔につけてるわけじゃないし、洗顔料がお肌から浸透したらイヤだ。 

 洗顔料、ぜひ見直してみてくださいね〜 


 さて、明日からの2日間は「女性にお役立ちアロマ」をシリーズでお届けしたいと思います。


 例えば、生理痛、PMS、イライラや落ち込みが続く、ほてり、毎日怠い、ホルモンバランスが崩れていると感じている、病院に行くとなんでも「更年期だね」で済まされてしまう、などなど。 


女性の身体の悩みは尽きないもの。

 でも、本質的に男性より女性の方が強い!

 身体に不調を感じても、頑張れてしまうのが女性。


 頑張ってしまうから、辛いときだってある! 

 だからこそ、セルフケアしっかりしてあげて欲しいと思います。 


今回もなるべく簡単なケアをご紹介しますので、どうぞお楽しみに♡ 


 では、また明日♩

アラフォー&アラフィフのわがままダイエットを叶えるサロン♡ Red Carpet

日野市生活保健センター近くの、女性専用完全プライベートサロンです。 いつまでも美しく、若々しく、健康的にいるために。 お客様を全力でサポート致します。

0コメント

  • 1000 / 1000