インフルエンザ対策と花粉症対策は同じ精油で手軽に

● インフルエンザ対策と花粉症対策は同じ精油で手軽に 


 こんばんは! リラクゼーション&エステ Red Carpet 宇野あいりです。


 娘が初めてインフルエンザにかかりました。

 咳がすごい出るね〜なんて言っている間に、急に高熱(39.0℃)が出て、慌てて病院に行ってきました。 

お薬ですぐに熱が下がり、元気にオリンピック観戦。 

五日間外に行く事は出来ないので、ただただ軟禁状態でヒマ〜な様子。 


狭い我が家。。。誰かにうつるのかな・・ 


 ****************** 


さて、インフルエンザ蔓延の季節から花粉の時期終了まで使える、オススメ精油を2つご紹介します。   


まずは、「ティートリー」 私がとっても頼りにしている精油の一つです。

 

 強い殺菌と抗菌力がありますので、とにかく風邪やインフルエンザ予防に超オススメです。

 

さらには、免疫力を高めてくれることも期待できます。 

免疫機能のバランスが崩れると、花粉症などのアレルギー発症のリスクが高まります。 

ですので、免疫力を高めて花粉症対策に! 

また、ティートリーは花粉症の原因の一つである化学物質ヒスタミンを抑制してくれます。 


切り傷やかゆみにもオススメです。

 原液で塗る方法もありますが、初心者の方は希釈してから塗ってみてくださいね。 


 次に「ユーカリ」 コアラの主食ですね。 

こちらも、殺菌、抗菌、消炎、鎮痛に優れていると言われています。 

風邪で咳が辛い時、鼻づまりがある時、また喉の痛みにも作用してくれます。 


ユーカリに含まれる「1.8シネオール」という成分は、抗菌、抗ウイルス作用があります。

 この成分は肺の奥まで吸収されますので、ディフューザーで焚いておくだけで、風邪やインフルエンザの予防に役立ってくれるのです。 


鼻や喉が辛い時は、「ヴィック○デポラップ」の様に、胸や喉に塗り込むのもオススメです。

 必ずキャリアオイル(以前紹介した、スイートアーモンドやホホバオイル)で希釈してくださいね。


 似た様な効果がある二つの精油ですが、組み合わせることによって、相乗効果が期待できます。 

冬の時期、花粉の時期はこの精油が大人気になりますので、在庫も増やします。 (私がオススメするせいもありますが笑)


 アロマトリートメントで体内に入れることによって、自衛ができますね。


 また、ご自宅ではディフューザーで焚いていただくといいと思います。 


ディフューザーで焚くのが手間という時は、ルームスプレーを作って、各お部屋に置いておくと手軽に使えますよ。 

下にレシピを載せておきますので、ご参考くださいね。 

外出時、マスクにスプレーするのもオススメです♩ 

ぜひお試しくださいね。 


 **インフルエンザと花粉症を撃退!ルームスプレー**

 <材料> 

・ユーカリの精油とティートリーの精油(100%ピュアなもの)

 ・無水エタノール 

・精製水 

・遮光スプレー 


<作り方>

① ビーカーに薄いエタノール5mlと精油を5滴づつ入れる。 よく混ぜて、遮光スプレーに入れる。


② 精製水を45ml入れて、よく混ぜる。 


水が腐りますので、一ヶ月以内に使い切ってください。 


また、香りに飽きるとき、長期に渡って使用したい時は、精油の種類を増やしてもOK。

 その時も、10滴になる様に調整してください。 


 遮光スプレーを少し多く仕入れましたので、作ってみたい!という方がいれば、すべての材料をお分けします。

 お気軽にお問い合わせくださいね。  

アラフォー&アラフィフのわがままダイエットを叶えるサロン♡ Red Carpet

日野市生活保健センター近くの、女性専用完全プライベートサロンです。 いつまでも美しく、若々しく、健康的にいるために。 お客様を全力でサポート致します。

0コメント

  • 1000 / 1000