ズボラさんでもすぐできる!冷えない身体作り

こんばんは!Red Carpet宇野あいりです。


 最強寒波で、毎日凍えるような寒さですね。

 まだ日陰には雪が残っていますが、予報では明日は追い雪・・・

 どうぞお足元お気をつけくださいね。 


さて、最近ご来店頂いたお客様。

 何名かお身体が冷えている方がいらっしゃいました。 

この寒波に関係なく、冷える体質の方々とお見受けしました。 


女性は筋肉量が低いので、よっぽど気をつけていない方以外は、冷えを抱えていることがほとんです。 

 手先足先が冷たくないから大丈夫・・・と感じている方! 

お腹やお尻、太ももはひんやりしていませんか?? 


わかっちゃいるけど、なかなか改善できない・・・わかります。 

でも、冷えを軽く見てはいけません!

 

冷えは万病の元と言われるように、免疫力の低下や新陳代謝が悪くなるだけでなく、ホルモンバランスや自律神経も乱してしまう可能性があります。

 その生理前のイライラ、冷えからきてるかも? 


逆に、冷えの改善を意識して入れば、多くの身体の不調を防げることができます。

 と、いう訳で、本日から3日間「冷えない身体作り」のお役立ち情報を、アップしていこうと思います。


 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 

 では、初級編。 

今すぐできる「ズボラさんでもすぐできる!冷えない身体作り」


 効果的に冷えを取っていく為には、身体の内側と外側、両方からアプローチする必要があります。 


まず、内側から温めるには、食べ物と飲み物ですね。

 夏野菜は身体を冷やすのはご存知だと思います。 

もし、召し上がる時は、スープや温野菜にして火を通してくださいね。 



反対に、冬野菜や寒い地域で取れた野菜、土に埋まっている野菜は、身体を温めます。

(大根は例外で、身体を冷やす野菜なので、必ず火を通してくださいね) 


私が一番オススメなのは、ショウガとブラックペッパーを毎食取り入れる事。

 特に、火を通したショウガは、身体を内側から温めます。 

(手足の先が冷える時は、生のショウガがいいのでチューブの生姜を紅茶に入れるのがオススメ)


そうそう、朝食に手軽なバナナは南国で取れる果物で、身体を冷やしますのでご注意くださいませ。 


次に飲み物。

 年間を通して冷たいモノは飲まない!これに尽きるのですが・・・ 

それではつまらなので、ひとつオススメの方法を。 


ねむ〜い朝は、とりあえずコーヒー飲んでしゃっきりしたい!ですよね〜 

でもそのコーヒーを「お湯」に変えてみましょう。 


電子レンジで40度から50度くらいに温めた「お湯」を少しづつゆっくり飲みます。 

朝は忙しいけど、10分くらいかけてズズズ〜とすするように飲みましょう。 (急いで飲むと、かえって胃腸の負担になります)


 すると、寝ている間に冷えた内臓がゆっくり温まり、基礎代謝が上がります。

 身体も温まりますし、胃腸に吸収された水分が毒素を排出してくれます。 

 

さあ、これで身体の中はポカポカになりました!! 

保温をする為に、今度は体の外側を温めなくてはいけません。 


温める場所は「大きな筋肉、血管があるところ」です。 

具体的に言うと、「二の腕」「お腹」「おしり」「太もも」が大きな筋肉があるところ(セルライトもたくさんあるところ、ですね) 

 「首」「手首」「足首」は大きな血管があるところ。 


割と「首」とつくところは温めやすいけど、「おしり」や「太もも」「二の腕」はどうやって温めたら・・・?


 フローリングやクッション性のない椅子に直接座らない事に気を付けていただくのと、湯たんぽなどを使用して直接温めて上げる事。 

それから、デスクワークが多い方は積極的に動かす事!!

 腿上げ運動をやったり、肩回ししたりしてみてくださいね。 


 明日は、中級編をお届けしたいと思います♪ お楽しみに〜 

アラフォー&アラフィフのわがままダイエットを叶えるサロン♡ Red Carpet

日野市生活保健センター近くの、女性専用完全プライベートサロンです。 いつまでも美しく、若々しく、健康的にいるために。 お客様を全力でサポート致します。

0コメント

  • 1000 / 1000